fbpx
紙図面をCAD化するメリットと手順を解説!効率的な設計作業を実現しよう

紙図面をCAD化するメリットと手順を解説!効率的な設計作業を実現しよう

こんにちは!rakuCADtraceです。
この記事では、CAD化のメリット、必要な手順、および効率的な設計のポイントを解説しています。データの保管や共有の容易さ、計測の精度向上などの利点を探ります。

紙図面をCAD化するメリットとは?

設計作業の効率化による時間短縮

紙図面をCAD化する最大のメリットは、設計作業の効率化による時間の短縮です。CADソフトウェアを使用することで、手書きで行う作業をデジタル化することができます。これにより、線の引き直しや修正などの手間を省くことができます。

また、繰り返し使用する要素やパーツをライブラリとして保存し、再利用することも可能です。これにより、同じ作業を繰り返す必要がなくなり、設計作業のスピードが向上します。

データの保管・共有の容易さ

紙図面では、図面を保管するためのスペースが必要です。また、図面を共有する場合には、印刷して配布する必要があります。しかし、CAD化することで、データをコンピュータ上で管理することができます。

図面データはハードディスクやクラウドストレージに保存され、必要な時に簡単にアクセスできます。また、データの共有も容易になります。図面データをメールやファイル共有サービスで送信することで、他の人とのコミュニケーションもスムーズに行えます。

正確な計測と精度の向上

紙図面では、計測には定規やコンパスなどの測定器具を使用します。しかし、人の手で行う計測は完全な正確性を保証することはできません。一方、CADソフトウェアを使用することで、精度の高い計測が可能となります。

CADソフトウェアは数値入力やグリッド表示などの機能を備えており、正確な計測が行えます。また、図面の拡大・縮小や回転なども簡単に行えるため、精度の向上にも寄与します。

紙図面をCAD化する手順

図面のスキャンとデジタル化

紙図面をCAD化するためには、まず図面をスキャンし、デジタルデータ化する必要があります。
スキャンはスキャナを使用して行います。スキャンしたデータは、画像ファイルとして保存します。

CADソフトウェアの選定とインストール

次に、CADソフトウェアを選定し、コンピュータにインストールします。CADソフトウェアの選び方には、使用目的や予算、操作性などを考慮する必要があります。インストールは、選んだCADソフトウェアの公式ウェブサイトからダウンロードし、指示に従って行います。

図面のトレースと編集

CADソフトウェアを起動し、スキャンした図面データを開きます。図面データは、画像ファイルとして扱われるため、トレース作業が必要です。トレース作業では、図形や線をCADソフトウェア上で再現し、元の図面と同じ形状を作成します。また、必要に応じて図面の修正や編集も行います。

効率的な設計作業を実現するためのポイント

レイヤーの活用と情報の整理

CADソフトウェアでは、レイヤーと呼ばれる機能を活用することで、図面の情報を整理することができます。レイヤーは、図面の要素ごとに分けて表示・非表示や編集を行うことができる機能です。例えば、建物の外観と内部設備を別々のレイヤーに分けて管理することで、必要な情報に素早くアクセスすることができます。

ショートカットキーの習得と効率化

CADソフトウェアには、多くの機能がありますが、マウスで操作するだけでは効率的に作業を進めることは難しいです。ショートカットキーを習得することで、作業効率を向上させることができます。

例えば、線を引く際にキーボードのショートカットキーを使用することで、マウスの移動を省略し、素早く線を引くことができます。

CADソフトウェアの機能の活用

CADソフトウェアには、さまざまな機能が備わっています。これらの機能を活用することで、より効率的な設計作業を実現することができます。例えば、自動寸法やパターンの作成、3Dモデリングなどの機能を使用することで、作業効率を向上させることができます。

まとめ

紙図面をCAD化することで設計作業の効率化が可能

紙図面をCAD化することで、設計作業の効率化が可能となります。手書きで行う作業をデジタル化することで、作業時間の短縮や作業効率の向上が期待できます。また、データの保管・共有も容易になります。

手順を踏んで正確なCADデータを作成しよう

紙図面をCAD化するためには、図面のスキャンとデジタル化、CADソフトウェアの選定とインストール、図面のトレースと編集という手順を踏む必要があります。これらの手順を正確に行うことで、正確なCADデータを作成することができます。

効率的な設計作業を実現するためにはポイントを押さえることが重要

効率的な設計作業を実現するためには、レイヤーの活用やショートカットキーの習得、CADソフトウェアの機能の活用など、ポイントを押さえることが重要です。これらのポイントを意識しながら作業を行うことで、より効率的な設計作業を実現することができます。

CADトレ鵜を中心にCAD周辺業務をサポート

rakuCADtraceは青焼きや紙図面から正確にCADデータへとトレースするサービスを提供しています。トレース実績は3万枚以上で、国交省、NEXCO、自治体等を含むさまざまな図面の取り扱い実績があります。

見積から納品までオンラインで完結することも可能で、さらに2回目以降の発注の際には前回と同様仕様の場合指示の省略も可能とし、できるだけ発注者の手間を減らせるよう努めています。

お見積りは無料です。ぜひ紙図面からCADデータへ変換する必要がある場合にはご依頼ください。